「アクティビティ」タグの記事一覧

奄美大島の泥染め体験!ここでしかできない魅力は?持ち込む素材は?

観光

奄美大島ならではの体験といえば「泥染め」!木から煮出した染料と、鉄分を豊富に含んだ奄美の泥で深みのある黒に染める、「大島紬」独特の染色技法です。田んぼで布を染め上げるという珍しい体験ができ、泥のなめらかでちょっとあたたかい感じも体感できます。泥染め体験の魅力や適した服装、おすすめのツアーなどをご紹介します。

絶対外せない!奄美大島の絶景観光スポット、アクティビティ、グルメ35選

観光
奄美の海と空の間でのんびり

ありきたりなツアーでは物足りない、そんな人にこそ奄美大島は最適!奄美大島は手付かずの大自然が多く残り「東洋のガラパゴス」とも呼ばれ、2021年には世界自然遺産にも登録されました。奄美ブルーとも知られる鮮やかな海や豊かな文化、ここでしか味わえないグルメや珍しい野生生物を満喫できる観光スポットやアクティビティをお伝えします

3月の奄美大島は海に入れる?気温や服装、おすすめの観光アクティビティ6選!

気候

3月になるとすっかり春らしい奄美大島を楽しめます。日によっては20℃を超える日もあり、半袖でも暑いほどの体感温度になる日も珍しくありません。ウエットスーツがあれば十分海に入ることができますよ!3月だからこそおすすめの観光スポットやアクティビティもたくさん紹介しています。

4月の奄美大島は水着で泳げる?気温や服装、観光おすすめ8選!

気候

4月は気候も春らしく、晴れの日が多くなってきます。真夏とは違って日差しがきつすぎない4月後半~5月前半が奄美の最も心地よい季節。4月には海開きがあり、水着だけで海に入ることもできますが、この時期の水温は気温よりも低く水が冷たいので、ウエットスーツ着用がいいでしょう。

奄美大島の2月の天気や気温、服装は?おすすめの観光スポット4選

気候

2月には、奄美大島にも本土と同じく冬が訪れます。とはいえどれくらい寒くなるの?服装は何が必要?晴れの日は多い?海には入れる?などなど、疑問は多いと思います。この時期だからこそできるアクティビティもたくさんあります!冬でも奄美大島をまるごと楽しんでほしい!!ぜひ参考にしてくださいね。

奄美大島の1月は寒い?気温や服装は?1月の奄美観光おすすめ5選!

気候
黒糖工場見学

1年を通して温暖な気候の奄美大島ですが、1月~3月の時期は本土と同じく冬のシーズン。どれくらい寒いのか?服装はどれくらいの上着が必要?海には入れる?などの疑問にお答えします。せっかく奄美大島に行くからには、100%楽しみたい!準備をしっかりしていきましょう!

12月の奄美大島の天気と気温は?おすすめの服装や冬だから楽しめる観光5選!

気候

奄美大島って、12月でも楽しめるの?はい。100%楽しめます!奄美大島に移住したわたしが、12月の奄美大島の気温や服装、冬だからこそ楽しめる観光スポット・アクティビティもご紹介。ホエールウォッチングや緋寒桜の鑑賞、澄んだ空気で見る満点の星空や天の川など、12月ならではの奄美大島を満喫しましょう!

金作原原生林のガイドツアーは必要?個人で行ける?おすすめツアーも紹介!

観光

「東洋のガラパゴス」と呼ばれる奄美大島。中でもさながらジャングルのような神秘的な自然を楽しみたい人におすすめなのが「金作原(きんさくばる)原生林」です。今にも恐竜やゴジラが出てきそうな森の冒険、ガイドツアーなしで行けるのでしょうか?どんな楽しみ方ができるか?ご紹介します。

奄美大島の海開きは一大イベント!観光客も参加できる浜下れ(ハマオレ)

観光

奄美大島で海開きがある旧暦3月3日には、毎年浜下れ(ハマオレ)と呼ばれる伝統行事が行われます。浜下れとは、初節句を迎える赤ちゃんの足を海に浸して健康を祈願する神事。人が多い会場ではとても賑やかで笑顔があふれる楽しいイベントです。海開きの日にちょうど島を訪れているなら本当にラッキー!ぜひ一緒に海開きをお祝いしてください!

ページの先頭へ