「伝統」タグの記事一覧

真夏の奄美大島3泊4日旅行記。海から伝統文化まで大充実のモデルコース!

観光

8月5日~8日の奄美大島旅行。初日からシュノーケリングやサンセットなど海を楽しんで、大島紬やシマ唄、奄美の画家田中一村など奄美の伝統文化にも深く触れることができた旅でした!雨の日もありましたが、それはそれで室内の観光や街歩きを楽しむことができて「奄美また絶対来る!」と言ってもらえた4日間になりました。

奄美で島唄や三味線を格安で習いたい人へ。公民館講座のススメ!

暮らし

奄美でお得に趣味を始めたい人へ、公民館講座について解説します。三味線や島唄などはせっかく奄美にいるからやってみたいものだと思うのですが、普通に教室に行ったら授業料が高くて驚くんですよね…。初心者だから簡単に弾き方を教えてくれるだけでいいという方は公民館講座を申し込んでみてるのがおススメ!初心者から始めるにはもってこいの講座がたくさんあります。奄美に1年以上は住むつもりでいるなら、受講しないと損かもしれません!実は気になっていた、というものがあれば申し込むべし!

奄美大島の海開きは一大イベント!観光客も参加できる浜下れ(ハマオレ)

観光

奄美大島で海開きがある旧暦3月3日には、毎年浜下れ(ハマオレ)と呼ばれる伝統行事が行われます。浜下れとは、初節句を迎える赤ちゃんの足を海に浸して健康を祈願する神事です。人が多い会場ではとても賑やかな行事で、人の笑顔にあふれて楽しいイベントです。海開きの日にちょうど観光で訪れているなら本当にラッキー!ぜひ一緒に海開きをお祝いしてください!

大島紬は奄美大島で購入が安い?伝統柄って?中古はどこで手に入る?

観光
大島紬

奄美大島に移住して約2カ月。こんなブログを書いているのもあり、だんだん奄美大島ゆかりの品物がほしくなってきて買っちゃいました…大島紬の着物!なんだか嬉しい!今回はわたしが大島紬を購入するまでにいろんな人に聞いたりして学んだ大島紬についてのあれこれや、大島紬を安く購入したいならどうすればいいかなどをご紹介していきます。

【伝泊・水平線と朝陽の宿】はステキすぎる1棟貸しおすすめホテル!

宿泊

奄美大島で日常を離れてのんびり過ごしたい!夜中も明るく照らされるリゾートホテルもいいけど、せっかくならその街に住むように泊まってみたい。そんな時にとても、とってもおすすめなのが「伝泊」です!伝泊とは、 その地域の伝統的構法で建てられた空き家を改修した1棟貸しの宿泊施設。築50年〜200年のような古い民家を、一級建築士の方がリノベーションしています。

大島紬に合う帯は?紬が大活躍の成人式は奄美ならでは!

暮らし

奄美大島の文化と言えば一番に思い出すしまっちゅも多いほどおなじみの大島紬。でも、どんな帯が合うの?シチュエーション別でお答えします! 大島紬の特徴は独特の渋みと色合い、そして何より軽くて着崩れしにくいことです。旅行やお稽古にも適した風格あるおしゃれ着で、「親子3代大島紬」と言われるほど丈夫な着物なんです。繊細な柄の大島紬。色がシックなので、思い切ったコーディネートもしやすいのが使いやすくて嬉しいですね。最近では大島紬をリメイクした小物や洋服もあり、中にはハッとするくらいおしゃれに仕上がっているものも!

泥染め体験!奄美でしかできない魅力って?持ち込む素材は何がいい?

観光

奄美大島ならではの体験といえば、「泥染め」!木から煮出した染料と奄美の泥で大島紬の深みのある黒に染める技法です。田んぼで布を染め上げるという、ちょっと変わった体験ができる泥染め。泥のなめらかでちょっとあたたかい感じを体感できる、奄美ならではの体験です!

ページの先頭へ