奄美大島に移住して気になったのが苗字。

出会う人出会う人、漢字一文字の苗字が多い!!

しかも、壽(ことぶき)さん、祝(いわい)さん、祷(いのり)さん、福(ふく)さん、勝(かつ)さんなど、なんとなくおめでたい漢字が多く使われています。

なんでこんなに多いの?何か理由がある?と聞いていくと、見えてきたのはおめでたい漢字とは一転、奄美大島でつい最近まで強いられていた人々の苦しい生活の姿でした。

漢字一文字が多い!?その理由

奄美大島の人の苗字には、江戸時代の薩摩藩からの厳しい支配の影響が色濃く残っています。

奄美大島は当時二重三重に占領され、統治された悲しい歴史が残っています。

元々は琉球王国の一部、あるいは琉球の属国だった奄美大島。

そのため、暮らしていても食べものや言葉が沖縄のものに似ているなと感じることがたびたびあります。

当時中国との交易を望んでいた薩摩藩は、琉球の属国として中国とすでに交易をしていた奄美に目をつけ、侵略・占領をします。

大きな影響力を持つ藩として今も有名な薩摩藩ですが、実は豊かな土壌には恵まれていなかったんです。

そんな薩摩藩がどうして全国的にも目立つ存在になれたかというと、要因の1つは奄美大島や沖縄の黒糖でした。

奄美の島民たちはサトウキビの栽培と黒糖の加工に奴隷のように従事させられ、それを薩摩藩が莫大な利益に繋げていたんですね。

島の方に当時の話を聞くと、伝え聞いて知っている話がある方はみんな薩摩藩への恨み話をしてくれるほど。

それもあり、奄美大島の方に、奄美大島は鹿児島県の。という言い方をすると嫌がられることが多いです。

とはいえ、沖縄や琉球というのも違うと。

奄美大島には、大島紬や結の精神など奄美独自の豊かな文化があり、人の温もりがあり、島の人はみんなそれを誇りに思っています。

鹿児島でも、沖縄や琉球でもなく、奄美大島は奄美大島なんですね。

街のガイドさんに聞いた話ですが、奄美が薩摩藩に支配されていた時代、苗字を名乗れるような身分だった人々は、奄美大島の出身者だとひと目でわかるよう、漢字一文字の苗字に改めることを強制されたそうです。

ほんの60年ほど前まで、鹿児島をはじめ内地では奄美など離島出身者への差別があったということですので、薩摩藩のお武家さんからすると、島の出身者が自分たちと同じように名乗るなというところでしょうか…

あまり気持ちのいい話ではありませんね。

おめでたい漢字は島っちゅの喜びの現れ!

現在の奄美大島の人の苗字には、山田さんなど漢字2文字の、内地でもよく見られるような苗字もありますが、やはり集落を歩いていると目に入ってくるのは漢字一文字の表札。

集落によっては、大半の方が「祝」さん!という集落もあります。

目にするたびにおめでたい気分になるようでとてもいいなと思いますが、なぜ支配されていた過去を踏まえてなお、そんな漢字を使う方が多いのでしょうか?

時代は飛び、戦後の1593年にアメリカから返還され、度重なる支配からやっと解放された奄美大島。

島っちゅたちはとても喜び、自分の名前を変えてまで喜んだ人も多かったそうです。

昇(のぼり)さん
嘉(よしみ)さん
栄(さかえ)さん
祷(いのり)さん
祈(いのり)さん
禱(いのり)さん
勝(かつ)さん
恵(めぐみ)さん

などなど……

当時の人々の喜びようが目に浮かぶようです!

個人的にはこういう苗字がとても好きで、奄美大島のお墓は金色の文字が墓石に刻まれていることも多いのですが、金色でおめでたい漢字が刻まれたお墓はないかな~と、街歩きをしながらキョロキョロと観察しています。

街歩きの際も、ちょっと変わった視点で奄美をたのしんでくださいね!